瓦を意匠とした珍しい堅焼きのおせんべい、文字通り「瓦せんべい」と名付けられている。これを考案したのは《宗家くつわ堂》の創業者田村正一氏。江戸時代から全国に広まっていった「さぬきの三盆白」(砂糖)と郷土の小麦粉を使用し、玉藻城の瓦にヒントを得て瓦型のせんべいを創製した。文明開化のさなか明治10年(1878)のことである。
以来《宗家くつわ堂》では百数十年に渡りこの型のせんべいを焼き続けている。
原料は、讃岐産の良質のサトウキビから作られる特産糖を使い、主原料の小麦粉と、鶏卵その他の副原料とを調合して瓦型に成型し、大きな鉄板の上で一枚一枚手作業で焼き、最後に焼き印を押して仕上げる。讃岐特産糖の持ち味と堅焼きの香気のとけあう風味は“ポリッと噛んだら讃岐の味がする”といわれ、昔から讃岐を代表する名物のひとつである。大きさは5種類あり、最も大きいものは長さ27.5センチ、最大幅26センチもある。

特々大瓦
275mm×260mm
1080円
1枚
《宗家くつわ堂》では各種焼印・ オリジナルの製作も行っている。 費用等、また、ほかの商品につい てのお問い合わせ、ご注文は、
宗家くつわ堂ホームページへ
特大瓦
225mm×190mm
1080~3,240円
3〜7枚、缶入
大瓦
150mm×105mm
918~5,400円
6〜40枚入
中瓦
125mm×95mm
540~4,320円
5〜35枚入
小瓦
80mm×60mm
378~5,400円
6〜84枚入


瓦せんべいの風味をおまんじゅうにたくしたお菓子です。まろやかな甘味と風味香ばしい生地のかけ合わせをお茶請けに。卵の黄身あんにきざみ栗を加味した上品な和菓子です。 マリンシティー高松は「ふれあいの広場」、瀬戸の都です。あずきあんとあんずあんの2種類があり風味のあるパイでくるんだ洋菓子です。コーヒーや紅茶のお供に最適です。


四国名物瓦せんべいの生地に、滋味あふれる黒ゴマをふりかけ、さくさくと香ばしく焼き上げました。讃岐の三盆糖のほのかな甘みも一緒にご賞味下さい。 瓦せんべいとともに古くから親しまれているさぬきの銘菓。三盆白や卵を主材料に、みそ、あずき、ゆずなど風味とバラエティ豊かなせんべいの詰合せです。


商品のご注文、価格等の詳細は、
宗家くつわ堂ホームページをご利用下さい