岡山銘菓「大手まんぢゅう」を創製した菓子舗《大手饅頭伊部屋》の創業は、天保8年(1837)である。当時、岡山城の大手門付近に店を構えていたことから、岡山藩主池田候から特に寵愛を受け、御茶会の席には必ず愛用され、「大手まんぢゅう」の名を賜ったと伝えられている。

備前焼の器に載せられた、薄皮の白と餡の絶妙なコントラストが美しい饅頭には、地元産の良質な備前米、北海道産の小豆、雑味のない特製の白双糖、銘水「雄町の冷泉」と同じ水脈から汲み上げた水など、厳選を重ねた素材が使われる。

まず米から糀をつくり、もち米などを加えて熟成させて甘酒に仕上げ、これに小麦粉を加え発酵させた生地に、こし餡を薄く包み、蒸し上げる。甘酒の芳醇な香りとコクが餡の甘味と調和、まろやかな味わいが特徴。

そのままでも勿論、お汁粉を始め様々なアレンジもまた美味な逸品を、どうぞお取り寄せでもお楽しみを。

■大手饅頭伊部屋
岡山市北区京橋町8-2 TEL.086-225-3836(代)
ばc